11/24〜12/2

24日火曜日。寒い。会社に行くなり同僚にいかにニューヨークのDVD収録ライブが素晴らしかったか語るとPeaceの方に行ってみようかなと言ってくれたのでJAM SESSIONといっしょにチケットを取る。仕事はまぁまぁ暇で、エイトライブ前に伊勢丹に寄って母と姉から頼まれていた化粧落としを買う。今週はチケット代以外に使えるお金がビタ一文ないので(食費は別)、自分のものは何も買わずにレフカダに行く。こうも財政が厳しいと、ペットボトルの水1本に500円支払うのがほんとうにいやになるし、オロナミンCをくれるよしもとがやさしく思えてくる。
エイトライブはいつも通りで、松原さんが珍しくワイシャツを着ていた。マシンガンズが1本目に出てくるなり「(客が)おとなしいなってみんな裏で言ってるよ!」とまくしたてて爆笑をさらって帰って行ったのがとてもかっこよかった。重いライブのマシンガンズほどかっこいい漫才師はいない。
エイトライブに、もう客が慣れちゃってるんだよなぁ。飽きてると言うと言葉が悪すぎるけど、最初は「あのライブをやらない太田プロがこんなにライブ客のニーズに応えるライブを!」って感激したのに、人間贅沢に慣れるのははやいもんです。寄席みたいなものだと思えばしっとり低調なのもそれはそれでと思うんだけど、ライブだとやっぱりよく受けてる方がやりやすいだろうしこっちも見やすい。ずっと受け続けさせるには「続ける」だけじゃだめなんだな。事務所ライブと違って集客が即ライブの存続にかかわるK-PROさんみたいな制作会社は、そりゃ次々いろんなこと仕掛けないと続けていけないよなぁ。
エイトライブ、ネタ1本にして企画長くするかそもそもライブ時間短くしてもいいんじゃないかと思うんだけどね。企画はほんとにいつも楽しい。次回の23日は予定が入ったので前売りは買わず、さっさと帰って冷凍しておいた焼うどんを食べる。


25日水曜日。めちゃくちゃ寒い。雨も降っている。NEW YORK JAM SESSIONに行く。開演時間を30分勘違いしていてぎりぎりだった。1時間の短いライブ。ヤーレンズに対するニューヨークの印象(ぬるっと東京出てきていつの間にかなじんでいる)とか聞けて良かった。とにかく今はいくらでもニューヨークが見たい。この日のネタも2本ともおもしろかった。Nさんとご飯食べたかったんだけど夕飯代(自炊以外のご飯は交際費の範疇)がないのと家に色々野菜があるので涙を呑んで帰る。帰宅してあまりに寒いので先にお風呂に入ったら夕飯が遅くなってしまった。レタスと豚バラのさっと煮、丸ごとトマトのスープ、大根と油揚げの味噌煮、それとスーパーで半額になってた鯖の押し寿司。あきらかに深夜に食べる量じゃない。この日あたりからずっと頭皮がしびれるようなひきつるような感覚がある。


26日木曜日。この日も寒い。のどの違和感が無視できないレベルになってきたので銀翹散を飲む。内容どうこうよりこれに行ったら火〜金まで全部予定が入るのが嫌で悩んでいたyardに結局行くことにして朝予約メールを送る。その時点で50番台だったのでこれはリバティすっかすかなのでは……と思っていたが、行ったら結構いっぱいだった。予約表に私の後にもずいぶん名前が並んでいたけど、あれは取り置きなのかしら。
久しぶりのyard、メンツ変われど人力舎の強さは相変わらずだった。yardは結構気合の入ったOPVがあり、50音順なのかもしれないけどヤーレンズが最後で、なんかもうその映像からして存在感が際立っていた。そもそも前日がジャムセッションでこの日がyardって、幅広くカバーしすぎだろう。トッパレから若武者まで、どのライブに出ても違和感のない特異な立ち位置。
ボーナストラックの磁石を交えての企画MCがヤーレンズだった。最初に出井さんが名前をいじられるくだり、あれすごい芸じゃないか。先輩からの出井いじりを全部打ち返す。声ちっちゃくて時々聞こえないことあるのがもったいなすぎる。ポッキーリレー対決で貫録を見せつけた磁石がさすがすぎて身体を二つに折って笑った。
ネタはトンツカタン、魂ず、ヤーレンズが一段分厚いなと思った。ヤーレンズは大トリで、EDMCも務めていた。今回はヤーレンズを出したいyardだったんだなぁ。
帰りながら始まったころのyardを思い出して、自分で作っていた出欠表とか見ていた。懐かしい。クロヤギめちゃくちゃ出てたんだな。私にとってのyardはやっぱりこれだなぁ。FKDよりいっこ若い世代。もっと健全に上からどんどん抜けていってほしいと切に思う。磁石の華はすごかった。
帰りにスーパーで金曜に作る予定のパテドカンパーニュの材料を少し買い、昨日の残りの煮ものを食べた。金曜の飲み会の会費を徴収されていよいよお金がない。しかし食費は余り気味である。パテドカンパーニュ作らなかったら2,000円近く余ったんじゃないかしら。やっぱり野菜が安く上がると違うなぁ。


27日金曜日。ごまかしようもなくのどが痛い。風邪薬を飲んで出社。とにかく一日中のどが痛くて仕事だけだったらさっさと帰っていたと思うのだが、この日は会社の年に一度の女だけの飲み会があるのでそれに出るためだけに頑張った。今年はたくさん人が辞める。12月に入っている飲み会が既に5回。2万くらいはこれで吹っ飛ぶかと思うとちょっともうライブが増やせないなぁ。飲み会が赤羽だったので、赤羽駅ecuteで焼きクグロフを買う。
帰りにスーパーに行ったら肩ロースがなかったのでロース肉を買う。パテドカンパーニュの仕込みと洗濯をして、風邪薬を飲んで寝る。


28日土曜日。起きたらのど風邪から鼻風邪に移行していた。口の中に違和感があり、内側をガシガシ噛んでしまう。ゴミを出してスコーンを焼いて、オーブンが空いた所でパテドカンパーニュを焼きながら化粧をする。焼きあがったパテに重しをしてローソンまでチケ取りに行き、一度帰ってから荷物を持って実家に帰る電車内でもう一度チケ取りをしていて電車を乗り過ごす。風邪引きには完全にオーバーワークだった。この一週間、姉が仕事で姪を連れて実家に来ていたので週末くらいはご飯作ろうと思って帰ったのだが、実家についてすぐ寝込んで夕飯の揚げ物の手伝いくらいしかできなかった。申し訳ない。パテドカンパーニュは姉にも好評で良かった。焼きクグロフは父に好評だった。実家に泊まる。


29日日曜日。鼻風邪がひどくなっていて、舌に違和感がある。昼ごはんにエビのトマトクリームパスタを作る。思えば3シェフで見たこのパスタを作ってみたのが料理をするきっかけだった。今となっては料理ほど役にしかたたないスキルもないと思っているので3シェフには足を向けて寝られない。6人のライブの前にルミネの無印に行ったらすごい行列だった。湯たんぽは買えたが湯たんぽカバーは売切れていた。
6人のライブは、ドドんが舞台で遅れるも、2組でOP35分もしゃべっていた。すごい。2組への質問では、芝さんのドドん評を聞けたのがよかった。チャレンジ企画は、久々にK-PROさんが芸人さんを上回る狂気を垣間見せたところがよかった。たまにああいうことがあるあの会社を信頼している。夕飯は冷凍パスタで済ます。湯たんぽはタオルでくるんでジンカーズトートに入れたら特に問題なく使えたのでカバー買えなくてよかった。


30日月曜日。有給。3本立てで夢を見て、その全部で泣いていた。1本目は忘れてしまったが、2本目は、競馬場みたいなところにいろんな人が思い出を捨てに来ると言うので捨てられた思い出の品を見に行って、四姉妹の末っ子を亡くした家族の記録(職務経歴書みたいな紙)を読んで泣いていた。3本目は、とある漫才師をふたりまとめて抱きしめて号泣していた。ご本人たちはいたってさばさばした様子で、片っぽがお嫁さんをもらったから辞めるんだと言っていた。お嫁さんの名前は「ゆりちゃん」と言うんだそうだ。泣いて起きて、また寝て、飲まず食わずで14時まで寝る。舌の裏側に口内炎ができている。スコーンの残りと母が焼いてくれたアップルパイを食べ、免許の更新に行く。警察署までは自転車で40分くらいかかった。漕いでいるうちに舌にもう一つ口内炎ができていた。
帰りに遠くて野菜が安いほうのスーパーに寄って買い物を済ませたが、とにかく口内炎が痛くて料理する気にも食べる気にもならない。そうこうしているうちにしくじり先生が始まったのでとりあえず見て、20:30からはニューヨークのよしログも見て、22:00から仕方なくお弁当のおかずとパテドカンパーニュの残りでレバニラを作る。味見するたび痛い。レバニラとレタスのスープを食べたがやはり痛くてあまり食べられない。今回の風邪の症状の中でこれが一番つらい。体重を計ったらちょっと減っていたが、「口内炎ダイエット」って思いつく限りで一番最悪のダイエット法だ。


12月1日火曜日。口内炎が痛い。特にお弁当のほうれん草の海苔和えを食べている時は拷問かと言うくらいに痛かった。他の症状は改善してきているがとにかく口内炎だけが痛い。じっとしてても痛い。間食もできず定時で退勤。実家から貰ってきた牛肉を食べるつもりだったのだが、こんな味もわからない状態ではもったいなすぎる。はちみつが口内炎に効くことを思い出して、塗って二時間寝てからご飯にしてみようかなぁとか色々考えてみたのだが、結局もう何も食べずに寝ることにする。お風呂だけ入って、20時半には就寝。さすがに夜中に2回くらい起きるが、すぐ寝なおせて、6時まで10時間近く寝る。


2日水曜日。口内炎はまぁまぁ良くなっていたが、まだ少し痛い。しかし前日に比べたら全然マシである。雨が降っていたが、退勤後ギースの単独に行くのでスカートで出かけた。なんとなくだがギースの単独にズボンで行く気にならなかった。行ったことないんだけど。定時で上がって、下北沢へ。もともとぎりぎりの時間だったのに、会場を間違えて焦った。てっきりダーリンハニーが単独やった会場だと思いこんでいたらタウンホールの地下だった。タウンホールの地下に会場があることも初めて知った。帰りちらりとTさんに会えてうれしい。帰宅して、おとといのレタススープに卵を入れたものとアップルパイを食べる。まだはりきって料理する気にはなれない。