ホームにお邪魔する

ケイダッシュライブ vol.21
1/10 大和田伝承ホール 19:00


去年の1月以来のケイダッシュライブ(このときはオードリーがゲスト)。いつも月笑と近接してるのでなかなか行けないんだけど、1月は月笑がないのでHi-Hiとハマカーンと高橋工房見たさに行くことにした。そしたら当日発表のゲストがインジョンと磁石! 小躍りしながら行ってきた。


オードリーが来たときの満員のケイダッシュライブしか知らないんだけど、この日もほぼ満員。どう考えてもTHE MANZAI効果なんだと思うんだけど、OPMCで出てきたHi-Hiは「1月だからオードリー出ると思ったんでしょ、オードリーは出ねーぞー!」と。いやたぶんあなたたちを見に来た人の方が多いよ!
しかし、1年も前に一回出たっきりのオードリー目当てに前売り買う人がほんとにいたんだろうか。いや実際いるかいないかは置いといて、いると思われてるってのがすごい話だ。だったらオードリー・Hi-Hi・ハマカーン・どきキャンで6,000円くらい取って定期ライブやればいいのに……と思ったりしていた。


OPMCが前述の通りHi-Hi。出てきた瞬間の「待ってました!」感がさすが事務所ライブ。上田さんがYahooに載ったときの緑のシャツで、ガンちゃんがTHE MANZAIの時と同じシャツとネクタイ。すっげー楽しかったんだけど基本内容がないのであんまり覚えてない(笑)。ANNRで言ってたワンクリック詐欺にひっかかった話はしてた。ガンちゃんが初耳のように聞き返す姿すら新鮮。
途中進行表を見るガンちゃんの肩にうしろから顎を乗っけてのぞき込む上田さんが大型犬のようだった。ガンちゃんに「近い!」って言われてたな。下手に向かって捌けていくとき、上田さんのシルエットがまんまルパンだなと思った。


今回からリニューアルしたらしくて確芸人の出番の前にスクリーンに映像が映ったんだけど、最初それを見た客席からおおーっと歓声が上がったのがおもしろかったなー。やはり余所のライブに行くと、それぞれ色々あるのねと思う。


初めて見たティーチの漫才がおもしろかった! 言葉のチョイスのいちいちに世界観を感じるし、まさかの両方頭がおかしいパターン(笑)。三四郎や浜浜に通じる新世代感!
1年ぶりのジャウーは、良いところそのままに進化している感じ。ケイダッシュは漫才師の層が厚いなぁ。地の文に当たるところの演技がもっと自然になればさらに良くなるんじゃないかなー。
高橋工房は発泡スチロールを使った「ハッポゥくん」。これ好きだー! 私はもともと寄席の色物が好きなんですよ。あの全自動めくりマシーン特許とった方が良いと思う。そしてオリジナルソングが素晴らしい! メロディラインがすごく良い! 前に古坂大魔王に作ってもらったという高橋工房のテーマもすごく好きだったんだけど今回も良いわー。歌いたい! 高橋工房の単独があったら行こうと強く決意。


前半のトリがHi-Hi。「お酒が強くなりたい」。初めて見たなー。いやーおもしろい! のってるのがよくわかる。途中、バーに行くくだりを上田さんが何回も繰り返してたんだけどネタ飛んでるとも飛んでないともわからない。強いなー。上田さんの定番の台詞が来るかな?と思わせといて細かく変えてくるのがにくいですね。そしてこの日はガンちゃんのツッコミのフレーズが良いなぁと思った。なんか、気持ちよくすこんとはまる感じで、Hi-Hiの漫才でこんなにツッコミが印象に残ったこと無いなー。ますますおもしろくなってしまうのかもしれない。井戸始まりのハッピーターン終わり。出順が早いので、これは飛び出しかなーと思う。


中MCはどきどきキャンプハマカーンに関するアンケートを集める。お正月休みの話とか。


大輪教授の「囚人のジレンマ」。まさかここで社会学入門みたいな話を聞くことになろうとは(笑)。囚人AとBを男と女、合コンなど色んな例に変えてきれいに落とす。おもしろかったなー。
どきどきキャンプの年越しのネタは、序盤の岸君の演技なのか素なのかわからん演技がすごく良いなーと思ってそこが一番印象に残ってたりする。外のライブで見るのと一番印象が違うのがどきキャン。去年もそう思った。
ハマカーンは朝食に何を食べるか?から、神ちゃんのOL力とゲスの極みのミクスチャー。この新しいパターンの漫才大好き! 青田買いで見たときよりさらに面白くなってた。新橋のくだりで泣くほど笑った。神ちゃんの黒ずくめに横縞のネクタイかっこよかったな。


ケイダッシュは事務所勢のネタが終わってからゲストなのね。磁石の衣装がマイナーチェンジ(by永沢氏)していた。2人とも白シャツでネクタイとチーフが赤青の色違い。さっさんのネクタイはTHE MANZAIのときのに見えたけど、永沢氏のは遠目では無地に見えた。永沢氏は襟のラインが白い方のスーツ。ネタは優柔不断で究極の選択から好きな子に告白。鉄板ネタだけどちょっと台本感が強いと言うか、決めたようにやってるように見えたなぁ。ケイダッシュ勢が自由な感じだったので、よりそう見えたのか。インジョンは表彰台。抜群の安定感。


企画はおでこに人の名前を貼って、その人になりきって大喜利に答えてください(でも自分では自分に貼られた名前は見えない)というなかなか難易度の高そうなゲーム。勇気あるな!
ケイダッシュは仕切れる人が多いし、出演してる組数も少ないのできゅっとまとまるのが良いですね。ただ最後だけぐだりやすい気もする(笑)。前回もそんな印象が。


企画にHi-Hiがいなかったので、飛び出しと確信。果たしてEDでハマカーンから「Hi-Hiは仕事のため出てしまいました」と告げられて、低めのおぉ〜っと言う歓声が上がった客席に事務所ライブならではのホームの暖かさを感じた。明治安田生命ホールが恋しくなっちゃったぜ。
いやー楽しかった。組数少ない分かなりの若手もけっこうな尺のネタをやるので、それぞれがどういうネタをやるコンビなのか、よくわかるのが良いなぁ。
今月から事務所ライブ全体のシステムが変わったようで、来月のケイダッシュライブは2月3日。ぜひとも行きたいがその週はすでに2回ライブが入っている……。